logo
Published on

Atomの標準改行コードをLFにする

Authors

多くのプログラマーに親しまれているテキストエディタ、Atomの標準改行コードをLFにする方法について紹介します。 windowsだとOS defaultがCRLFなので、変更しておきたい.

設定 > installed packages > line-ending-selector > OS default => LF

標準改行コードがCRLFの場合の問題点

windowsの標準改行コードはCRLFです。 これは、CR(Carriage Return)とLF(Line Feed)の2つの文字を改行コードとして扱うものです。 一方、LinuxやMacではLFのみを改行コードとして扱います。

この違いにより、windowsで作成したファイルをLinuxやMacで開くと、改行がおかしくなってしまいます。 また、逆にLinuxやMacで作成したファイルをwindowsで開くと、改行がおかしくなってしまいます。

標準改行コードをLFにするメリット

標準改行コードをLFにすることで、windowsで作成したファイルをLinuxやMacで開いても,改行がおかしくなりません。 また,逆にLinuxやMacで作成したファイルをwindowsで開いても,改行がおかしくなりません。

まとめ

windowsで作成したファイルをLinuxやMacで開くと、改行がおかしくなる問題を解決するために、Atomの標準改行コードをLFにしました。

標準改行コードの変更は、Atomの設定から簡単に行うことができます。

参考になれば幸いです。

各ツール価格:1万円~

サポート:6千円/1時間*

見積もり:無料


*一律・1時間未満切上

👉 詳細はこちらから。📧 お問い合わせ

ご覧いただき、ありがとうございます。本サイトの運営コストは広告をご覧いただくことで賄われています。様々な有名サービスが本サイト経由限定・期間限定で無料・割引・キャッシュバックになる、お得なプロモーションをご利用いただくことで、本サイトの運営をご支援いただけます。