logo
Published on

CUDAのバージョンを変更する

Authors

例えばWindowsでpython、TensorFlowでマシンラーニング、ディープラーニングをするためにCUDAをインストールし、特定のバージョンを使いたい、といったような場合、わざわざあえてバージョンを変更する、といった事を行う必要はありません。

※ Xserverにこちらの紹介リンクから登録すると最大1万円の割引が適用されます。ぜひご利用ください。(全てのPRを表示)

Linux, Ubuntuでも同様です。

使用するtensorflowのバージョンによって要求されるCUDAのバージョンが10だったり11.1だったり変わることはありますが、それらはあくまでただマシンにインストールされていればよく、カレントのバージョンを変更、といった概念はありません。

tensorflowが実行される際に10.0であれば10.0のパスを探し、そこの実行ファイルが自動的に紐付けられて実行されるためです。

それでもあえてCUDAのバージョンを変更したい、バージョン確認をした際のバージョンの情報がxxのバージョンになるようにしたい、といった場合には、switch-cudaが使用できます。

phohenecker/switch-cuda: A simple bash script for switching between installed versions of CUDA.

switch-cudaをgithubからgit cloneし、以下のようなコマンドでバージョンを変更します。

source switch-cuda.sh 11.0

これでバージョンを変更することができます。

ただし、この方法はあくまで一時的なもので、再起動すると元のバージョンに戻ってしまいます。

永続的に変更するには、~/.bashrcに以下のような記述を追加します。

source switch-cuda.sh 11.0

これで再起動してもバージョンが変更された状態で起動することができます。

各ツール価格:1万円~

サポート:6千円/1時間*

見積もり:無料


*一律・1時間未満切上

👉 詳細はこちらから。📧 お問い合わせ

ご覧いただき、ありがとうございます。本サイトの運営コストは広告をご覧いただくことで賄われています。様々な有名サービスが本サイト経由限定・期間限定で無料・割引・キャッシュバックになる、お得なプロモーションをご利用いただくことで、本サイトの運営をご支援いただけます。