logo
Published on

LatexをHTMLに埋め込みしてウェブブラウザから閲覧する方法 MathJax

Authors

LaTeX形式の数式をHTMLページに埋め込む方法を説明します。数学的な表現を含む文書を作成する際、MathJaxを使用することで、美しい数式を表示できます。

MathJaxの追加

まず、HTMLの<head>セクションにMathJaxのスクリプトを追加します。以下は、必要なスクリプトを含んだ<head>セクションの例です:

<head>
  <meta charset="utf-8">
  <script>window.MathJax = { MathML: { extensions: ["mml3.js", "content-mathml.js"]}};</script>
  <script type="text/javascript" src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/mathjax/2.7.1/MathJax.js?config=TeX-AMS-MML_HTMLorMML"></script>
</head>

このコードは、MathJaxを読み込み、LaTeX形式の数式をレンダリングする準備を行います。

LaTeX数式の埋め込み

次に、埋め込むLaTeX数式をHTMLコンテンツに追加できます。以下は簡単な例です:

<p>数式を埋め込む例:</p>
\[E=mc^2\]

<p>別の例:</p>
\[
\int_0^{\infty} e^{-x^2} dx = \frac{\sqrt{\pi}}{2}
\]

上記の例では、LaTeX形式の数式をダブルドル記号 \[ ... \] で囲み、数式を埋め込んでいます。MathJaxが有効になっている場合、これらの数式は自動的に美しく表示されます。

結果の表示

エディタでこのHTMLコードを保存し、Google Chromeなどのウェブブラウザで開いてみてください。MathJaxによって数式が美しくレンダリングされ、読みやすい形式で表示されます。

この方法を使用することで、ウェブページにLaTeX数式を簡単に埋め込むことができます。数学的なコンテンツを含む文書を作成する際に、読者に分かりやすい形式で数式を提供できます。

MathJaxの公式ウェブサイト: https://www.mathjax.org/

各ツール価格:1万円~

サポート:6千円/1時間*

見積もり:無料


*一律・1時間未満切上

👉 詳細はこちらから。📧 お問い合わせ

ご覧いただき、ありがとうございます。本サイトの運営コストは広告をご覧いただくことで賄われています。様々な有名サービスが本サイト経由限定・期間限定で無料・割引・キャッシュバックになる、お得なプロモーションをご利用いただくことで、本サイトの運営をご支援いただけます。