logo
Published on

Bashのデバッグログ(トレース)を装飾してカラフルに

Authors

Bashのデバッグログ(トレース)をかっこよくするだけです。

Bashのデバッグログ(トレース)を装飾して、より見やすく、カラフルに表示する方法を紹介します。この方法を使用すると、デバッグ情報が見やすくなり、エディタやログでの作業が楽しくなります。

PS4のカスタマイズ

Bashのデバッグログを装飾するには、PS4 環境変数をカスタマイズします。以下は、PS4 をカラフルに装飾する例です:

red=$'\e[1;31m'
grn=$'\e[1;32m'
yel=$'\e[1;33m'
blu=$'\e[1;34m'
mag=$'\e[1;35m'
cyn=$'\e[1;36m'
end=$'\e[0m'

export PS4='+(v\V ${yel}\#${end} ${cyn}\t${end} ${mag}${BASH_SOURCE}:${LINENO}${end}): ${blu}${FUNCNAME:+$FUNCNAME()}${end}: '

このコードは、PS4 をカスタマイズしてデバッグログの各部分に色を付け、関数名やファイル名、行番号などを装飾します。

トグルデバッグ

さらに、デバッグを簡単に有効または無効に切り替えるための関数 sx を追加することもできます。以下は sx 関数の例です:

sx() {
  # "set -x/+x"をトグルするためのコマンド
  # 例: sx
  if [[ ${sx_status} =~ enabled ]]; then
    set +x
    printf "\n\n${grn}デバッグが無効になりました。${end}\n\n"
    sx_status=disabled
    return 0
  elif [[ ${sx_status} =~ disabled| ]]; then
    set -x
    printf "\n\n${red}デバッグが有効になりました。${end}\n\n"
    sx_status=enabled
    return 0
  fi
}

この sx 関数を使用すると、デバッグを有効または無効に切り替えることができ、デバッグステータスをカラフルに表示します。

これらのカスタマイズを使用することで、Bashのデバッグログが見やすく、トレースが楽しくなるかもしれません。

デバッグログの表示例

デバッグステータスの表示例

以上となります。

各ツール価格:1万円~

サポート:6千円/1時間*

見積もり:無料


*一律・1時間未満切上

👉 詳細はこちらから。📧 お問い合わせ

ご覧いただき、ありがとうございます。本サイトの運営コストは広告をご覧いただくことで賄われています。様々な有名サービスが本サイト経由限定・期間限定で無料・割引・キャッシュバックになる、お得なプロモーションをご利用いただくことで、本サイトの運営をご支援いただけます。