logo
Published on

Linux「cut」コマンドの使い方の例

Authors

Linux「cut」コマンドの使い方の例です。

cutコマンドは、ファイルの各行から指定した文字列を抜き出して表示するコマンドです。

2019-01-19 21:43:34 ⌚  541e5aed5dcf in /docker
○ → printf "hogefuga" | cut -c 2-4
oge

2019-01-19 21:43:59 ⌚  541e5aed5dcf in /docker
○ → printf "hogefuga" | cut -c -2
ho

2019-01-19 21:44:08 ⌚  541e5aed5dcf in /docker
○ → printf "hogefuga" | cut -c 4-
efuga

2019-01-19 21:49:11 ⌚  541e5aed5dcf in /docker
○ → printf "hoge,fuga,foo,bar,baz" | cut --fields 2-4 --delimiter ,
fuga,foo,bar

上記のコマンドは以下のような手順で実行されます。

  • printfコマンドで「hogefuga」という文字列を標準出力に出力します。
  • cutコマンドで「hogefuga」という文字列の2文字目から4文字目を抜き出して表示します。
  • cutコマンドで「hogefuga」という文字列の先頭から2文字目までを抜き出して表示します。
  • cutコマンドで「hogefuga」という文字列の4文字目から最後までを抜き出して表示します。
  • printfコマンドで「hoge,fuga,foo,bar,baz」という文字列を標準出力に出力します。
  • cutコマンドで「hoge,fuga,foo,bar,baz」という文字列の2フィールド目から4フィールド目までを抜き出して表示します。
  • cutコマンドで「hoge,fuga,foo,bar,baz」という文字列のフィールドの区切り文字を「,」に指定して、2フィールド目から4フィールド目までを抜き出して表示します。

各ツール価格:1万円~

サポート:6千円/1時間*

見積もり:無料


*一律・1時間未満切上

👉 詳細はこちらから。📧 お問い合わせ

ご覧いただき、ありがとうございます。本サイトの運営コストは広告をご覧いただくことで賄われています。様々な有名サービスが本サイト経由限定・期間限定で無料・割引・キャッシュバックになる、お得なプロモーションをご利用いただくことで、本サイトの運営をご支援いただけます。